のっぴの毛根探しブログ

女の若ハゲ故の悩みや改善方法を記録するブログです。

原因追求2.甲状腺疾患

薄毛クリニックで、女性の薄毛の原因の1つに甲状腺疾患があると聞き、甲状腺に問題がないか診察してもらいに行きました。

 

総合病院の内分泌科へ行き、

薄毛に悩んでいること

心拍数が高く少し疲れにくいこと

を話した所、先生が私の喉を触りながら

 

甲状腺ちょっと腫れてる気がするね!検査した方が良いね」

 

そして血液検査をすることに。

 

一週間後、再度病院に行くと結果が出ていました。

 

 

結果…

 

問題なし!

 

良かったのか悪かったのか、、

 

他に原因はないかと考えた所、また1つ浮かび上がってきました。

 

頭皮環境です。

 

中学生の頃、脂漏性皮膚炎という、雑菌が繁殖して頭皮が増加しカサブタのようなフケが出る皮膚炎になってしまったことがあります。

このように頭皮環境が荒れると、抜け毛にも繋がると聞いた記憶があります。

 

大人になってからフケに悩んだことはないですが、

たまに頭が無性に痒くて(汚)、脂性なので

もしかしたら自覚がないだけで、また頭皮環境が悪化しているのかも…

 

今度は、皮膚科で見てもらうことにしました。

女性の薄毛3大原因

薄毛に気づき、まず最初に疑った卵巣嚢腫を治療したが、改善せず。

 

何か別に原因があるのだろうかと思い、都内の薄毛専門のクリニックに行きました。

 

そこで相談した所、女性の薄毛には3大原因があるとのことでした。

 

1ホルモンバランスの崩れ、2貧血、3甲状腺異常 だそうです。

 

男性の場合は抗えない宿命感があるが、女性の場合は身体の問題が毛根に現れてくるんだなぁと思いました。

 

私の場合、1は治療済、2もなし、3は自分はないが母親がバセドウ病だったのでちょっと怪しいかなと思いました。

私も、病気と言われたことはなかったが、やけに心拍数高くていつも疲れてる感じあるので。

 

そこのクリニックでは、薬を出してくれたり色々と治療コースがあったと思いますが、

お金も掛かるし、一旦、甲状腺に異常がないか見てもらうことにしました。

 

続く

 

原因追求1.卵巣嚢腫

22歳の時、つるハゲ男性のお陰で自分の薄毛に気付きました。

 

その時は、これが原因かなというのが1つあったので、そこを改善すれば治るだろうと思ってました。

 

卵巣嚢腫という良性の腫瘍です。

薄毛に気付く前から、生理の遅れが気になっていたので、婦人科に行った所、腫瘍があると言われました。

この疾患について調べている中で、ホルモンバランスが崩れると抜け毛が増えると見た事があったので、多分それだ、手術が終われば治るだろうと思っていました。

 

手術を23歳の時にやっと受け、術後半年位様子を見ればホルモンバランスも元に戻るとのことでした。

実際、半年後に行った血液検査でも異常値はなく、内診でも問題なし。生理不順なし。

 

良かった良かった。と思いたかったが

薄毛の進行、全く止まらないんですが…

 

22歳の頃は、合わせ鏡で何か薄くね?って気付く程度だったのに、

24になる頃には普通に鏡の前立ってても、正面からの写真でも何となく、あれっ禿げてね?って感じるくらいにレベルアップしました。

頭頂部だけだったのが前髪まで侵食してきた。

 

ここから、私の毛根探しの日々が始まってしまいました😭

 

薄毛に気づいたきっかけ

私が薄毛を気にしだしたのは、22歳の時です。

 

髪は細め~普通位の太さで、学生の時くらいからちょっと毛量が少なめかな?という自覚はありましたが、ある時期までは薄毛とまでは思っていませんでした。

 

きっかけは、ネットで知り合った男性と初対面した時です。

 

私は友達が少ないので、友達募集サイトに登録し、メッセージをくれた男性とお会いすることになりました。

 

始めは、ニット帽をかぶっており、普通の男性に見えました。

 

ランチを食べようとデパートのエレベーターに乗った瞬間、

「俺実は、こういう人間なんすよ…」

 

被っていたニット帽をするっと取ると

そこにはつるっっつるっっっっの頭が…

 

私と同い年の22歳の男性でしたが、代々強烈な若ハゲ家系らしく、20歳位でズルむけてしまったらしいです。

 

家に帰って、今日のあの人、大胆なハゲ方だったなあ可哀想にと他人事のように憐れんだ後、なんとなく自分の頭も気になり、合わせ鏡で頭頂部を見てみました。

 

「うーん、ん?こんなに少なかったっけ…結構地肌目立つな。」

 

今まで自分の頭頂部をまじまじ見ることはありませんでしたが、改めて見てみると、けっこう…薄かった…

 

気付かないって怖いですね

あの時自分の頭皮も確認してみようと思わなかったら、自分の薄毛に気付かずあの男性のハゲをネタにする、哀れで醜い女になっていたかもしれない。

 

とりあえず、男性に感謝です。